ガジェット

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブの購入したのでレビュー

皆さんUSBハブは何をお使いですか?

私はノートPCはSurface Pro シリーズを昔から愛用しており、家ではSurfaceドックを介してUSB機器やモニターを接続しています。

ただSurfaceドックは大きくて重いので持ち運びには不便です。

そこで持ち運びができるUSBハブを探してよさげな商品があったので購入してみました。

今回はAnker(アンカー)から発売されている「PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」を購入したのでレビューしていきます。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブの外観

購入時の箱

箱を開けると本体と説明書、布ケースが入っています。

本体から伸びているケーブルは約15㎝くらいです。

付属の布ケース

付属の布ケースは、ほぼ本体と同サイズ。

本体の外観

本体の質感はマットな感じで指紋が付きにくいです。

重さは測ったところ本体のみで約115gでした。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブの接続端子

パソコン側に接続する端子

パソコン側に接続する端子は「USB-C」端子です。

USB 3.0 で接続されるのでハブ本体へPD(Power Delivery)給電すればパソコン側への急速充電も可能です。

USBハブ側の接続端子

片面はUSB 3.0 type A×2端子。

一番左は通電ランプです。

もう片面はHDMI端子(4K対応)、SDカード、microSDカード、PD給電(USB type C 端子)。

このPD端子へ給電すればパソコン側へ同時給電可能です。

ただし、USBハブ本体の機能で約12W消費されるので60W充電器を使用する場合、約48Wの充電となります。

出力の小さいACアダプターは使用できない可能性があるので注意しましょう。

本体先端側にLAN端子があります。

このLAN端子は、1Gbps(1000Mbps)で通信できるのでオンラインゲームをする人でもでも安心です。

スポンサーリンク

まとめ

モバイル用途として購入しましたがHDMI端子の4K対応やLAN端子、USB type A など家で使う分でも十分な端子があり、Surfaceドックの代替としても使えそうです。

私は普段の外出時にSDカードリーダーを持ち運びしていましたが、このUSBハブで代用できるので持ち運ぶガジェットが1つ減りました。

デメリットとしてUSBハブをパソコン側へ接続する端子がUSB type C 端子ですので、古いノートPCを使っている方は使えないとい点があります。

その点をクリアすれば家でSurfaceドック代わりに使ってもいいですし、持ち運び用のUSBハブとしても活用できます。

この記事の商品はこちら

スポンサーリンク

最後に!Amazon でクレジットカードよりお得に購入する方法をご紹介

Amazonで少しでもお得に買い物するならAmazonギフト券での購入がおすすめです。

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ。

詳しくはコチラ

Amazonで使えるクーポンはこちら|随時更新

-ガジェット

© 2021 inabablog.com